#019 ハンドブレンダーを使ったレシピ② ミートソース

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
バターライスにミートソースをのせた写真です レシピ

母直伝のミートソースレシピ

ハンドブレンダー(フードプロセッサー)を使用したレシピ②です。

料理上手な母から教えてもらったミートソースのレシピです。

母のような、お店のようなびしっと決まったミートソースにならないな、と思っていたので聞いたところ、ポイントは3つありました。

①玉ねぎをしっかり、飴色になるまでとにかくよーく炒める。

②ひき肉はパックの塊のままフライパンに入れて、ある程度の火力で(中強火)で焼き色がつくまでほっておいて、軽く焦げ目がつくくらいでひっくり返して同じように焼き色を付ける。(うま味のもとになるので)

③トマトの水煮缶以外には水分を足さない。

意識してそのポイントを守ると、奥行きがあって満足感のあるミートソースになります。

ミートソースは何となく時間と手間のかかる料理、という意識がありましたが、野菜をみじん切りにするという作業をハンドブレンダーに任せて、あとはポイントだけしっかり守れば意外と簡単に作れるというのが驚きでした。

にんじんをフードプロセッサーでみじん切りにした写真です
あっという間に細かくなります(大き目なサイズのにんじんが苦手な家族がいるので大助かりです)
フードプロセッサーで玉ねぎを粗みじん切りにした写真をのせています。
水気のでないにんじんを先に行い、にんじんを容器に移したら、洗わずそのまま玉ねぎを粗みじん切りにしています
ひき肉400g
玉ねぎ大1個~1個半
人参1/2本
トマトの水煮缶2缶
塩、胡椒少々
ケチャップ大2~3
ウスターソース大1~2
醤油少々
みりん少々
*大体6、7人分(3、4人分×2回分)
*さらにコクをだしたい時にはニンニクやコンソメ1個を入れることもあります

①野菜をみじん切りにする。

②玉ねぎを飴色になるまでしっかりじっくり炒める。それからほかの野菜も加える。

③別のフライパンにパックの形のまま入れ、焼き色がつくまで中強火で焼く。軽く焦げ目がついたらひっくり返して同様に焼く。そのあと炒める。

④野菜の鍋にひき肉を移す。

⑤トマト缶を全量入れて、くつくつ煮たてる。

⑤水気が飛んだら調味料で味付けする。

*玉ねぎは水気がでないように粗みじん切りくらいの大きさにします。ハンドブレンダーを数秒間続けて稼働させるより、ガッガッ、と1秒ごとにブレンダーをまわし、たまねぎの様子をみた方がよいようです。

お鍋に入った状態でのミートソースの仕上がり写真です
トマトの水煮缶以外には水分を足していないのでトマトの味が濃いミートソースです

ミートソース活用方法

①定番)パスタやバターライスに合わせる

②マッシュポテトの上にのせて、チーズをのせてグラタン

(マッシュポテトもブレンダーを使えば簡単)

③パンの上にのせ、チーズをのせてオーブントースターで焼く

④カレー粉をふりかけキーマカレー風に

⑤いつものオムレツにミートソースをかけてボリュームを出す

などなど。

時間のある時に作っておいて一食分ごとに冷凍しておくと、いつかの日の食事貯金になります。簡単レシピのストックとともに、冷凍庫にそんな貯金がいくつかあると日々の強い味方になってくれます。

パナソニック ブレンダー ハンドブレンダー 1台4役(混ぜる/つぶす/きざむ/泡立て)離乳食 速度調整 誤使用防止設計 レシピブック付 ホワイト MX-S302-W
下ごしらえから仕上げまでこの1台、手軽にささっと調理。離乳食も手軽に。 ●食材を細かく切削、かくはんできる「4枚刃ブレンダーカッター」 サブブレードでかき混ぜながらストレートブレードで野菜や果物の繊維質を、しっかり細かくカットしながらかくはんします。鍋やボウルの中でも、直接調理ができます。 ●みじん切りから泡立てまで簡...
created by Rinker
¥8,556 (2024/05/21 03:14:20時点 楽天市場調べ-詳細)

お読みくださりありがとうございます。

今日がよい日でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました